宮崎県の交通事故の状況

宮崎県の人身事故件数ワースト5交差点は、

1. デパート前(宮崎市橘通西) 
2. 一の宮(宮崎市一の宮町) 
3. 南花ヶ島(宮崎市南花ヶ島町) 
4. 橘橋北詰(宮崎市橘通東) 
5. 平和台大橋東(宮崎市矢の先町)

南花ヶ島は、昨年度に引き続いてのランクインとなりました。また、過去5年間で、南花ヶ島は5度目、デパート前は3度目のワースト5ランクインとなり、特に事故が多発している交差点です。

○宮崎県の交通事故の状況
2016年の人身事故件数は9,015件、交通事故死傷者数は10,325人となっています。交差点(付近)事故の第一当事者の割合は、64歳以下と比較して65歳以上74歳以下、75歳以上が大きくなっています。また、65歳以上の歩行中・自転車乗用中の交通事故死者数のうち交差点(同)事故による死者数が占める割合は50.0%となっています。高齢者の方が交差点を運転・通行される際には、より安全な運転、丁寧な安全確認が必要と考えられます。ホームページに記載されている事故多発交差点の事故の要因を確認のうえ、交通事故防止に努めましょう。

○全国交通事故多発交差点マップ
http://www.sonpo.or.jp/ef…/reduction/kousaten/kousatenmap28/

○交差点通行時の安全度チェックページ
http://www.sonpo.or.jp/efforts/reduction/kousaten/check/

○「全国事故多発交差点マップ」過去データ分析報告書
http://www.sonpo.or.jp/…/pu…/safety/traffic/kousaten-report/